Always 空豆

いつも傍に空豆(コッカプー♂)がいる日々・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

写真はトリミング

IMG_0168_20120705211403.jpg


犬を我が家の家族として迎え入れた瞬間から、良いことも悪いことも受け入れる覚悟が必要だ。

空豆はいつまでも健康で無邪気なままでい続けるに違いない、と思うのはワタシの妄想に過ぎない。

なーんてことを書いちゃうと「空豆に何かあったのか?」と思われるでしょうが、
はい、何かありました。
でも、こうやって記事に出来るのだから大事には至りませんでしたけど。

あ、写真は「今日はトリミング♪」でお送りします。


少々前の話になるが、先々週の火曜日辺りから、いつもソファやベットにさっ、と飛び乗る空豆が乗らない。前足を掛けて乗りたそうにはしているのだが。
おかしいな、と思いつつ次の日の水曜日。

IMG_0159.jpg


朝は普通にご飯を食べ、ウンPも普通にし、その後散歩に行くとおとなしく脚側歩行。いつもより超お利口な歩きっぷり。
が、それ自体がおかしい。
家に帰り足を拭くために抱くと何気に体をよじる。
足が痛いのか?腰が痛いのか?と触りまくるも反応無し。
しかもその後ワタシの傍に寄ってこない。
呼んでも来ない。
ちょっと歩いてはお座りをするの繰り返し。

おかしい。

そして極めつけ。

IMG_0164_20120705211218.jpg


ワタシがキッチンに立つといつもなら何かしらもらえるかも~、とそそくさとやって来る空豆が来ない。
呼んだらとりあえずノロノロとやって来た。
そこでおやつを与えたら、

拒否。

ありえない・・・ありえないありえない、あ・り・え・な・い。おやつを拒否するなんてありえなーーーい。
でも晩ごはんは普通に完食したけど。

それでもやっぱりおかしい、と確信したワタシは病院に行こうと思ったが、その日は行こうと思っている病院が休診日だったため、
そこで毎度お世話になります、空のトレーナーにまずは様子を見てもらおうとお願いして、夜遅くになったが、来てもらった。

IMG_0166.jpg


しばらく空豆の様子を見て、しっぽがずっと閉じているし、背中も丸まっているし、すぐに座ったり触った後に寄りたがらないのを見て、どこか痛いのでしょう、と。
一時的なものかもしれないし、明日診てもらってくださいと言われ、次の日病院へ。

ここの病院は診療時間15分前からの電話予約のみの診察なので、コンサートのチケットを取るかのごとく、家電と携帯の2台を駆使し電波時計を見てカウントダウンし、時間ジャストから電話を掛けまくった。
午後から仕事もあり、朝イチで診てもらいたいワタシは必死だったが、5分後に繋がった時には順番14番目。
仕事ギリギリやん…。
でもいい、いざとなったら仕事休むし、で行ってきました。

IMG_0163.jpg


担当の先生は無愛想でぶっきらぼうだが、患畜の顔を撫でまくり、よちよち言うので、そのギャップに何気に萌え、でした。
それに診察もすごく丁寧。
触診した後にそこら辺をうろうろする空豆を見て「多分一時的にどこか痛めたのだろう」と言われ、確かに空豆昨日より元気。リードを引っ張ったり前足を掛けたりする。
そうかよかった。で、診察が終わると思いきや、
その後聴診、そのままエコー、そのままレントゲンのフルコース。
今はレントゲンも結果が出るのが早いのだけど、レントゲンの説明が終わるまでの診療時間は小一時間。

で、結果は大丈夫だろう、と。

よかった、と思いきやレントゲンで別な所見が。

IMG_0161.jpg


胃が拡張気味だと。
そこで先生は別の犬のレントゲン写真を探しだし、普通はこんなカンジ、と見せられました。
確かに比べると空豆のものは大きく膨らんでいる。朝ご飯は抜いていたため空腹なはずなのに。

空豆のごはんはいつも雑炊もどきの水分量の多いものなので、カサだけはドライのフードよりは確実に多い。
原因はご飯の容量が多いからなのか、と聞いたが、かもしれないし違うもしれない、と。
今回は要治療でもないのでたいしたことはないのだろうけど、
もう一度空メシを見直そうと思った。



こうやっていろいろな症状が出てくることはこれからも多かれ少なかれあり、
いつもの空豆でいられなくなる瞬間はいつかくるのだろうけど、


その瞬間が少しでも先であることを妄想ではなく現実であれ、と祈ってやまない。



IMG_0155.jpg
                            ( ↑ コレはトリミング前)




Foreverアンポンタン。

| 空豆 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

その後空君の体調はいかがですか?
すごい心配ですよね。

ウェインも以前似たような事ありました。
急に何もないのにキャイーンって悲鳴のような声出したり
歩く時も尻尾が見えないくらい隠れてたり
様子を見ようと触れただけでキャンキャン言ったり
常に挙動不審になってたので病院行ったら
色々な検査でヘルニアの疑いって言われました。
とりあえずお薬飲んで様子見ましょうって言われて
数日間投薬を続けて、気づいたら痛みも何もなくなってました。
ヤックルはノイローゼになったんだと心配しましたが
ヘルニアでもないし、原因はよくわからなかったんですが
とにかく元気になって良かったです。
以前できた特大オデキも原因不明やったし
原因がわからないとその後も心配ですよね。
空君お大事に。

| Wacco | 2012/07/09 | URL | ≫ EDIT

あら~、心配したね、それは。
オヤツ食べないなんてありえないもんね。

晋作もたま~にあるよ。
急にギャン!って鳴いて、うずくまる。
のそのそ歩いて、尻尾がお腹の方に入って、
で、クレートに閉じこもる。もちろん、オヤツも食べない。
病院で診察してもらえるころには、元気になってる。
ということが3度程ありました。
どっかが痛かったんだろうけど、
結構芝居入ってるときもあるなぁ~(苦笑
腰か、膝だと思うけど…。

今後も気を付けてあげなくてはね。
やっぱりお年を召してきているわけだし。

ご飯もさ、もうちょっとしたらシニア食?

いや~ん。考えたくない!!

空っち、お大事にね。
母も。

| かときっち。 | 2012/07/10 | URL | ≫ EDIT

Wacco様

ご心配ありがとうございます。
空豆はあの日以来すこぶる元気です。
いったいなんだったんでしょうか?ってカンジです。

ウェインくんもそんなことがあったのですね。
同じく原因が不明です。
動物は話すことができないからなおさら原因が特定しずらいですよね。
でもすごーく心配しました。はい。
まだまだ元気でいてほしいですもんね。ウェイン君もも空豆もね。


かときっち。様

そーなんですよ、心配マックス。なんたっておやつを食べないなんて、
空豆この世に生まれて6才と3か月、一度もありませんでしたから。

あら、晋作も似たようなご体験が?
腰や膝の疑いが濃いように思いますが、晋作は演技もウマいってことで心配がさらに増すわね。空豆もそうだったんだろうか?
どこまでが演技でどこまでがそうではないか判別できる目をもたなくてはいけませんね、お互い。笑

空豆も来年は7歳です。
シニアと呼ばれる年齢になります。いろいろと考えなければいけない年齢になるのね。やーん。
自分のアンチエイジングで精いっぱいなのに。笑

| 空豆母 | 2012/07/12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。