Always 空豆

いつも傍に空豆(コッカプー♂)がいる日々・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

表紙のアメコカが・・・


近所のスーパーのキャンペーンで、買い物をするとムーミンのシールが貰え、それを貯めるとムーミンの食器がお安く買える、というので
空豆の食器にしようと、せっせと集め、このたびゲット。


DSC_0180.jpg


ミーとスナフキンのサラダボウルのセット。


ちょっとサイズが小さいのでごはんを入れるとミーやスナフキンのイラストが見えなくなるのが残念だ。(買った意味があるのか?)


で、そのごはん、なんだけど。


最近こんな本を買った。





久しぶりに空豆用の手づくりごはんの本を買った。


DSC_0175_20110719205009.jpg



この本には、

どの栄養素も大事なのだがバランスが大事で効果的に食べよう、というもの。
栄養価が高いからたくさん摂ろう、じゃなくて、摂りすぎると良くないものもあるので気をつけて、とも。
また、食材の効果的な調理方も書いてある。

空豆のごはんは基本的に白米に肉(1:1.5)に野菜、豆腐や納豆、乾物、たまに売っている鮭やマグロのアラとかの食材をテキトーに鍋へブチ込んで煮たものだ。

雑炊、っちゅーか、おじや、っちゅーか、シャレていうとリゾット、っちゅーかのシロモノなので、どの食材も火を通っている、ということになるのだが、

熱を加えない方が良い食材、とか、生で与えた方が効果的な食材、また調理後に冷やすと吸収が悪くなる食材、与えすぎに注意な食材、などがわかった。

空豆ごはん、ちょっと見直してみるか。

たとえば大根は火を通すよりおろして生を与えた方が望ましい、パセリは刻んで少量振りかけるのがよい、とか、トマトは逆に火を通したほうがよい、(火を通さなければいけない、ということではない)
とかとか。


空豆のごはんは先述したようにあれもこれも身体に良かれ、と思ったものをテキトーに鍋にブチ込んで、冷蔵庫で保存、だったので
食材によってはブチ込まない方がよかった、冷やさない方が良かった、というものもあったのねぇ。ごめんねぇ。


いや、かなり参考になった本でした。


でも、


まぁ、その、なんですな。


あまり気を遣いすぎて作るとワタシなんぞすぐに作ることをヤメてしまいそうなので、ある程度のテキトーさはそのままでいっかー、と思っているのだけれど。あ、本を買った意味がない?


DSC_0078-.jpg
                    「なんで買ったんですか?」



表紙が可愛いかったの。





| 空豆 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。