Always 空豆

いつも傍に空豆(コッカプー♂)がいる日々・・・

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

散歩の産物


PAP_0295.jpg


ここ3日間雨の日が続いたこちらの地方。
しかし今日は午後から晴れ間もみえ久しぶりに道路が乾いた。

今日は濡れずに散歩ができるぞ、さて行こうか、空豆。
と、夕方の散歩はせせらぎコースへ出かけた。

今日はいつにも増してわんこ連れが多いなぁ、やっぱり雨上がりだからだよなぁ、なんて思いながら歩いていると
向こうからシルバーカーって言うんでしょうか、カゴつきのカートを押し、Mダックスを連れたご年配のご婦人がワタシに手招きを。

面識がない方だが、はてなんのご用でしょうか?

「トマトいらんかい?」

は?トマトですか?えーと、えーと。お昼にトマト2個も食べたんですが。あ、そんなのどうでもいいですね。
と、心の中で一人ボケツッコミをしていると

「娘がたくさん持って来たけど一人じゃ食べきれんで誰かにあげようと思って持ってきたんだけど」と。

察するに、散歩中に知り合いにでも会ったら渡そうと思っていたのだろう。
しかし知り合いには会えず、しょうがなくワタシに声を掛けた、ってことなんじゃないかと。

うーん、ワタシ、お知り合いでもないし、失礼だがあらぬことが頭をよぎらんでもないし、かと言って無碍にお断りをするのもなんか冷たい気もするし、
はて、どーしましょー、と応えあぐねていたら、

「持って帰るのに大変かい?」と聞かれ
「いいえ、そんなことはないですよ」と、とっさについ言ってしまい、結局いただいてまいりました、はい。

PAP_0313.jpg それなりに美味しそうなんだけど。


そう言えばずいぶんと前には「筍いらない?」って言われたことも。

そのご婦人は空豆の散歩でたまにお会いする方で年のころはワタシたちの親世代、といったところ。
とってもはつらつとしていて聞くとゴルフがご趣味だとか。
連れている愛犬の名はズバリ「タッキー」 お孫さんがファンらしい。

で、筍。
この時もまだ散歩でごあいさつをするようになって間もなかったし、どうしたものか、と思ったが、
アナタが忙しいならお子さんを家によこしなさいよ、という押しの強さに負け、
あ、あの、ワタシがこのまま伺います、ってことで散歩の帰りにそのままお宅へ伺い、たくさんの水煮をした筍をいただいて帰ったのでした。
ちなみにそのご婦人、近所の酒屋の奥様でした。えーと、筍もいいんですが、お酒も余っていないでしょうかね?


PAP_0305.jpg 「買えよ」



ですよね。


と、ここら辺のご婦人は実に人がよくってフレンドリー。

この調子なら


もしかして


散歩だけで生きていけるかもしれない。


PAP_0302.jpg 「いけねーよ」



Let’s challenge the survival life.




スポンサーサイト

| 空豆 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

増やしました。


現在このブログのカテゴリーは「空豆」だけだが
思い起こせば茶ままご指摘のとおり、ネタがなーい、とか、だから1号の料理とか、
ぜんぜん関係のない所でワタシの掃除がキライな話、とかあったんで

カテゴリーを増やすことにしました。



「空豆以外」



よろちく。



PAP_0280.jpg






| 空豆 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カテゴリー


PAP_0252.jpg



あー可愛い。



SN3D0502_20090220201825.jpg



うー可愛い。



SN3D0505.jpg       



くー可愛い。





てかさ、



ネタがなーーーい。



「空豆135」  そろそろ限界か?




| 空豆 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋田県人 です。


PAP_0214.jpg


秋田県人たるもの、きりたんぽ鍋を皆様に馳走してナンボです。

結婚後、出身地がさまざまなダンナの同僚に、転勤をした先で知り合った友人に、ある時はカリフォルニア米でも作り、皆様にご賞味いただきました。
ワタシ、今までどんだけきりたんぽ鍋を通じ秋田のPRをしたことか。
秋田県観光課から表彰されてもバチは当たらんだろう。(いや、当たるってば)

PAP_0226-.jpg 秋田杉の棒に


数ある地方の郷土料理の中でもきりたんぽ鍋は今では全国区になりつつある。
比内地鶏こそここら辺では売ってはいないが、比内地鶏のスープも、真空パックだがきりたんぽも売っている。
どこでもお手軽に食べれるようになったのは嬉しいかぎりだ。

PAP_0224.jpg つぶしたご飯を巻きつけて焼くの。


が、しかし、ワタシは秋田県観光大使(勝手に名乗ってるんじゃねーぞ、おい)の名において王道をいかねばならぬ。
きりたんぽは自分で作るのじゃ。
という気合の元に、今年は昨年のリベンジも兼ね、本日きりたんぽ鍋を作った。

あ、そうそう、本日のお客様。

PAP_0209.jpg PAP_0210.jpg

いつものワン友、姫ちゃん&まにゃん。
まにゃママには飲み物を、エコさんは手作りスィーツをご持参いただき、
母達は新年会も兼ねて昼間からカンパーイ。

PAP_0211.jpg

まにゃママが持参のワイン。ここのジュースがすこぶる美味しかったらしく買ってきてくれたのだが
なるほど、と思わせるとってもフルーティなワインでした。

そしてエコさん、やっぱり手作りスイーツ。ケーキいろいろ。
チャイのケーキとマシュマロとコーンフレークのバー、チョコのチーズケーキ。
うー、はやく食べたい。

PAP_0208.jpg


あ、きりたんぽのハナシ、もっとさせてください。

昨年空豆のお誕生会に食べていただいたきりたんぽ鍋は自分的に不本意なモノだったため、
今年は比内地鶏を取り寄せ、準備万端。鶏ガラでのスープは前日夜に仕込んだ。

PAP_0241.jpg

が、

スープの仕込みがイマイチ。
実は何度やっても実家の味になったことがない。くそーっ、ちゃんと母に聞いとけばよかった、と後悔しきり。
皆さんにお出しするにはちょっと自信のないマイスープをワタシは結局地鶏と一緒に買っておいた既製のスープとブレンドし使うことにした。
にしても、さて、寸胴にタップリ作ってしまったこのスープ。どうしようかねぇ。

SN3D0546.jpg

しかしながら一杯目の鍋がありがたいことに完食になり、二杯目も作ることになるのだが
スープがマイスープしかない。マズいかもしれないけどごめんね、と作って出したのだが
あら、食材を入れたらそこそこウマいじゃん。ちょっとうす味だけど自分で言うのもなんだが結構イケるかも。
いやーいがったいがった。(よかったよかったの意)

そして、今回は地鶏の他に秋田の漬物、菓子も取り寄せた。

PAP_0219.jpg ちょろぎの酢漬け
PAP_0218.jpg ちょろぎの味噌漬け
PAP_0217.jpg 辛子きゅうり
PAP_0220.jpg いぶりがっこ

「いぶりがっこ」とはいぶした大根の漬物。「がっこ」とは秋田で漬物の方言。
クセのある漬物で匂いも独特。キライな人はキライ。
でもエコさんもまにゃママもおいしい、と。
いやーいがったいがった。(よかったよかったの意、しつこいけど)

ワタシ自身きりたんぽ鍋は久しぶりだったのでたらふく食っちまいました。それに飲んだ。
もう一口たりとも食べられないわ・・・・・なワケがありません。
そうよ、ワタシ達を侮るなかれ。
ひと段落したら待っているのよ、デザートが。

エコさんのケーキはいつものように美味しい。いつも言うが尊敬、です。

PAP_0207_20090216205427.jpg チョコのチーズケーキ

そして取り寄せたのがゴマだれの入っている「だまこ餅」と黒蜜のタレが入っている「秋田みのり餅」

PAP_0229.jpg 10141998121_s.jpg
                                  (エコさん、画像借りました)

最近「だまこ餅」と似た商品がたくさん出回っているが、ワタシの中ではここのが元祖。20年以上前から存在しているものだ。
すげー久しぶりに食べた。美味しかったー

と、今回は思いっきり秋田県人全開しました。


秋田だばきりたんぽだげでねぐ、うめもんだばなんぼでもあるどー


皆様、どうぞ秋田の名産品をば何卒ごひいきにお願いいたします。




あ、空豆がいなかった。



≫ Read More

| 空豆 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボサボサじゃなくなりました。


トリミングに行ってきました。


PAP_0200.jpg PAP_0196.jpg


写真がいつもよりキリっ、と見えるのは砂肝ジャーキーで釣ったからでしょうか。
ま、釣れようが釣られまいがぜんぜん可愛いのはなんら変わりませんけどね。えへえへ。

PAP_0199-.jpg 


あら、気がつけばまたもバカ親。
そうね、それじゃバカ親したついでだもの、可愛さをパーツごとにアップ。

PAP_0191.jpg 「いらねー」


したいの。


綿菓子みたいなモヒ。
PAP_0204.jpg 可愛い。

以前まにゃママに牛タンみたい、と言われたフチぎりペラペラの耳。
PAP_0203.jpg 可愛い。

フランクフルトソーセージのような足。
PAP_0201.jpg 可愛い。

つくねみたいなしっぽ。
PAP_0202.jpg 可愛い。



あぁ、食べてしまいたい。



PAP_0190.jpg 「食えるもんなら食ってみな」



んじゃ牛タンは塩で。







| 空豆 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボサボサだから


SN3D0186_20090213194021.jpg



明日はトリミング。




| 空豆 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

風の強い日でした。


画像が粗いうえ一瞬だけどアップしたかったの。


たなびく耳。




うー、可愛い。



| 空豆 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トリミング一週間前


PAP_0142.jpg


なんだかエラそうだけどアンタ、ボサボサ。

いやー伸びましたね、お毛。

伸びると当然モヒ部も伸びる。そうすると、
今は出家のためにちょんまげを落としたかときっち。家長男、晋作のサムライ時代ほどの長さはないものの、ちょんまげ結いが可能に。
となるとちょんまげに可愛いヘアゴムをつけたくなるのがバカ親の常。
買い物ヘ行くと自然に足はアクセサリー売り場のヘアゴムコーナーへ向くのであった。

で、ちょっと前にゲットしたのがコレ。170円ナリ。

SN3D0464.jpg カエル。誰かさんが反応しそうだ。

SN3D0462-.jpg


可愛いモノでも人間用となるとゴムが長かったり、となかなかベストなモノを探すのが以外と難しいのよ、コレが。
人間用でもゴムを自分で調節したら良いんだろうけどさ、不器用でウマく出来ないんだもーん。うぅ。

ついでにコレはずいぶんと前に買ったフツーのヘアゴム。

SN3D0468.jpg カラフルで可愛いかもしれない。


でも今週末はトリミング。またちょいモヒに戻る。
今のところ、カット→ちょいモヒ→伸びる→ちょんまげ、のサイクルで約2ヶ月。
ちょんまげを楽しめるのはだいたいトリミング前一週間限定。

貴重な一週間です。


SN3D0461-.jpg 「迷惑な一週間」

 

えー。



ちょんまげついでに。りーどもあ。


≫ Read More

| 空豆 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年度ヒーター前

空豆が今の季節朝イチにすること、それは
そう、言わずと知れたヒーター前に正座。

SN3D0415.jpg


そしてしばらくすると2号と争奪戦勃発。

SN3D0416.jpg


一生やってなさい、君たち。


さて、今日は節分。

恵方巻きを食する習慣のないワタシだがスーパー、コンビニで多種多様な太巻きが並んでいるのを見ると
なんかさ、食べなきゃ節分じゃねーぞ、っていう気になっちゃってさ、
子らも喜ぶだろうし縁起もんだし、ってんで
巻き巻きしちまった。

SN3D0440.jpg 節約お子様巻き。


「味ねー」と1号に言われたこの太巻き。
えぇ、そうですわよ、カニかま、きゅうりにシーチキン、卵焼きと挙句の果てには冷蔵庫に転がっていた魚肉のソーセージまで入れちまった、というなんでもアリな中身の具、
それらに何の味も付けていませんもの。
醤油をつけて食べたら何の問題もないじゃんか。文句言わんで食いやがれっ。

と、一口だけは東北東を向いて食べた子らなのでした。

あ、空豆にはちっこい納豆巻きをあげました。ちなみに方角は気にしていませんでした。


そして豆まき。

SN3D0444.jpg やっぱ千葉県産はウマいかもしれない。


個人的には炒った大豆が好きなんだけど、ワタシの実家のスタイルでいつも落花生。
後で拾うのがラクでいいんだけどさ。
で、節分の豆は年の数だけ食べる、と言われるのだけど、はて、落花生の場合
殻付きで数えるのか、中身の粒で数えるのかを毎年悩むワタシです。

SN3D0406.jpg 「くだらねー」


と、今年の節分は終わったんだけど、

でも、

やっぱ来年はもうちっとマシな太巻きにしよう、ワタシのために。

SN3D0431.jpg 「おいおい」




| 空豆 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お年頃なふたり


SN3D0422.jpg お年頃x2


空豆はヒマになると何かないものか、と1号や2号の部屋へゴー。
で、咥えてくるのは菓子類の包み紙やペンの類、消しゴム、etc.

まったくどんだけ散らかっているんだ?

最近こんな物まで持ってきた。

SN3D0430.jpg


お年頃1号の必須アイティム、某有名タレントがCM中の「ギャ〇ビー」ヘアワックス。

そーか、空豆、興味があったんだな。オマエもお年頃だもんな。
どれどれ母がスタイリングしてやろう。

でもギャ〇ビーじゃなんだからお水でガマンだぞ。

うーん、やっぱ水じゃウマく出来ない。
まるで林家三平。

SN3D0436.jpg



どーもすいません。




| 空豆 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。