Always 空豆

いつも傍に空豆(コッカプー♂)がいる日々・・・

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

毎度の年末


毎年同じ後悔を繰り返してはや20年。

日頃の掃除をもう少しキチンとやっておけばよかった、年賀状はもっと早めに作っとけばよかった、と。


SN3D0058.jpg 
                                            散歩道のサザンカ。

この二日間、大掃除。
歳のせいもあるのだろうけど腰が痛い。
それに様々な洗剤とお湯での掃除で久しぶりに手が荒れた。
手が荒れたなんて、家事に気合と愛情が感じられた新婚時代以来だ。

掃除はいざやり出すと、あ、ここも、お、あそこも、といろんなところが気になりだす。
普段はこれっぽちも気にならないくせに。
昨日も風呂上がりにドア天井付近に汚れを発見。
2号が「もう見なかったことにしたら」と。そうね、そうするわ。キリがないものね。
と、いいながらバスタオル一丁で雑巾片手にフキフキしてしまった。さぶー。


SN3D0056.jpg
                              今度の携帯はカメラの画像がキレイです。

そして年賀状。
今年の予定では、今年こそは皆様に元日着の年賀状を、と12月の3週目には出来上がるはずだった。
が、予定はあくまでも予定でしかないワタシ。
年賀状を刷っている途中で枚数が足りなくなり買いに出る、という作業も毎年のこと。
ちゃんと枚数を確かめてから買えばいいのに、学習しないオンナ、空豆母。
そして出来あがったのは昨日。投函は今日。てか、明日から帰省をするので今日出すしかないだけれど。


SN3D0055.jpg
                                これならコンデジ持ち忘れても大丈夫。


あぁ、ワタシが年末に後悔をせずにすむ年がこの先やって来るのだろうか・・・・・?







さて、
今年も残すところ3日となりました。

本年もブログを通じてたくさんの方と知り合い、そしてお会いでき、大変有意義な一年を送ることができました。
ありがとうございました。

同様に来年もまたお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。



             PAP_0031.jpg


                                              空豆&その家族 より



スポンサーサイト

| 空豆 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス ですね。


SN3D0088-.jpg


今日はクリスマスイブ・・・・・

との書き出しで昨日ブログをアップする予定でいたのだが、
クリスマスだから、と調子こいてワタシはワインを一本空けてしまい、
久しぶりにヘロヘロになって眠ってしまったためそのまま記事は放置、となってしまったのだった。

にしても、気持ちが悪くなるくらい飲んだのは久しぶり。
しかし、ワタシの友人のようにイイ歳こいて飲み過ぎ、トイレを抱えたまま寝てしまった、
という事態はなんとか免れた。(心当たりのある人は手を挙げましょう。)

SN3D0081-.jpg


さて、そんな今年のクリスマス。

毎年イブはちょびっと料理をたくさん作り、子らとそれなりのクリスマスを楽しむのだが
今年、高校生1号はお友達と過ごすこという。

えー、なんだよー、クリスマスってゆーのはなー、家族で過ごす、てのが世の掟なんだぞー。
と、ワタシの理想を無理強いしようとしたが、
そこはお年頃1号、そりゃ家族と過ごすより友達といたいだろう。確かにワタシにもそんな時期があったさ。
しょーがねーな、遅くなるんじゃねーぞ。

SN3D0079.jpg


というワケで空豆父も平日は遅いため、2号と空豆とささやかにクリスマスを過ごし、
食後も一人でワインをチマチマ飲んでしまうハメになったイブなのでした。

あぁ、高度成長期に生まれた年増オンナが何が楽しくてクリスマスに一人で酔っぱらうんだ?
なんか可哀そう、ワタシ。なぁ、空豆。

TS3B0964.jpg 「知らん」


ふっ、平成生まれのオマエにはわからんだろうな。


TS3B0965.jpg 「分かるかいな」



だよねー。



皆様、素敵なクリスマスをお過ごしください。




| 空豆 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

言い訳


本日チョーお久しぶりに合同トレーニング参加。

PAP_0018-.jpg PAP_0007-.jpg PAP_0036~
PAP_0037.jpg PAP_0043.jpg PAP_0039.jpg


空豆のトレーニング?
ふっ、聞かないでくれたまえ。

いつものようにトレーナーとの訓練は上手にこなしていた。

が、が、がーーーーっ、

ワタシと、となると「テメー、なめとんのか、あぁ?」と
母がおんどりゃモードになるほどのとぼけっぷり。
プライべート訓練の時以上のすっとぼけ。

あのさ、ちょっとさ、今日は少ないけどギャラリーがいるんだけど。ちゃんとやってくんない?

やる気配ナシ。
すっかり親の顔に泥をぬってくれた空豆だった。

PAP_0028.jpg 「ふんっ」


と、訓練が終わり、最後のお遊びタイム。

さぁ空豆、みんなと一緒に遊んで走っておくれ。
母はオマエがみんなとふれあい走る、これが合同訓練に来る一番の目的なのだ。

訓練場所に来てみんなにちょこっとあいさつをした後
ずーっと母の足元をキープしていた空豆だが、みんなが走りだすとつられて走りだす。
でも、「はっ」と思い直し、戻ってくる始末。

PAP_0030.jpg 「はっ」


おいおい。


それでもまたつられて走り我に返る、を3回くらい繰り返していたが、
ちょっとばかし先輩ワンのご指導を受けるとあっ、と言う間にヴィヴィアンに。
そのあとはずーっと母のそばを離れずに、そして終いには黒ラブジェイくんのママにずーっと抱かれておりましたとさ。

PAP_0009.jpg 「♪」


ったく。


でも

ま、いっか。

そもそも子どもってぇモンは親の思い通りには育ってくれないもんだしね。
可愛いからいいとする。
そう、だってワタシは空豆のすべてを許してしまうバカ親なんだもの。
そうよ、バカ親ばんざーーーい。

と。ワタシはトレーニングで誰にも通用しない言い訳、を学んできているようだ。あはあは。
って、笑っていていいのか?空豆母?


PAP_0032.jpg



なんか、いいような気がする。






| 空豆 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いまどきの動画



アップしたら動画に雪が降っていた。
          




と、ゆーワケで只今ネタ切れ中。(ワケいらん)


 
                                                        

| 空豆 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

対局



竜王戦157番勝負 第135局。(あるんかいな)


P1120571.jpg



いい勝負だ。(精神年齢が)








先々週末の散歩で撮ったんだけど。



TS3B0943.jpg



四季桜かな?キレイでした。
あ、「名犬と四季桜」 撮ればいがったー。


| 空豆 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「母命」


空豆は「命の母A」飲んでいるせいか「母命」である。(なワケねー)

先日のairi家訪問時、この日はいつにもましてべったりんこ。
ワタシが椅子に座れば飛び乗り、床に座れば太腿の上に座りにくそうに座り、そして立つと足を掛けて抱っこせがむ。
空豆がワタシの元を離れたのはairi家に到着してすぐの数十分だけだった。

まったく。

TS3B0955.jpg

10月末に行ったBBQの時の空豆はそれほどワタシに甘えることもなくフラフラと遊んではいたが、
ホンの数分ワタシがその場所を離れた時に尋常でないうろたえぶりを発揮してしまい、
思いっきし「母命」であることが周囲の皆様の知るところとなったのだった。

はー。

TS3B0949.jpg

普段の散歩もワタシ以外の家族が連れ出そうとすると、
玄関を出る前に何度も何度もワタシの方を振り返る。
ま、でも外に出るとさっさと行くらしいが。

おいおい。


TS3B0950.jpg

確かに専業主婦のワタシは空豆と一緒にいる時間はとても多い。
なので自分で言うのもなんだがワタシを誰よりも好き、というか依存してしまうのが分からないでもない。

けどなー。


TS3B0951.jpg

いざ、という時に大丈夫なんだろうか?
例えばワタシが病に倒れ入院してしまったとか、ヘタすると死んでしまった場合だ。

ワタシがいなくなったら空豆は毎日悲しみに打ちひしがれ、
ショックのあまりご飯を食べなくなるに違いないわ。ゼッタイそうだわ。ど、どーしよう!?


TS3B0958.jpg

ってなことを大まじめに空豆父へ言ったところ、
彼は言った。キッパリ言った。

「ない」 と。

・・・・・。

だよねー、空豆は何があってもご飯だけは食べるよねー。そうよねー。

再び ・・・・・。

ホントのところどうなんだ、オマエ?


TS3B0966.jpg 「食べる」



そうか。

えーと、ちょっとだけムカついていい?





| 空豆 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まみれてきました。


P1120512.jpg


7日、airi家へ訪問させていただきました。

おなじみMOCOLOCOCOCOちゃんず、と、

P1120419.jpg P1120495.jpg 

airi家の末っ子、POCOくん。MOCOLOCO2代目ベイビーズの男の子。
うきゃぁー、かっかっかわええ。シャイなところがおばちゃんのハートをワシ掴み。

P1120484.jpg P1120483-.jpg 何気にイケメン。

間もなく先回もお会いしたMOCOLOCO初代ベイビーズのバロンくん、2代目ベイビーズブランくん兄弟が登場。
この二人とっても仲良し。バロンくんがとっても良いお兄ちゃんっぷりでした。

P1120461.jpg P1120517.jpg 


そしてこの日のairi家には東京からかときっち。ねーさんご夫妻と晋作&彦次郎兄弟が彦次郎のお里帰りで訪問中。

おぉ、初めて「シュフズテーブル」訪れたその日から2年とちょっと。やっと、やっと晋作、彦次郎に会えた。か、感無量。
どれどれ晋作、彦次郎や、ワタシが空豆のおばちゃんだよ。その可愛いお顔をよーく見せておくれじゃないか。食べないからさ。

P1120427.jpg P1120431.jpg

おっと、食べてしまいそうだ。
しかし彼らはワタシが襲いかかろうとしているのにもかかわらず
お出かけしていたパパママの帰りが待ち遠しくドア下の隙間から玄関を覗く作業に必死でした。かわいい。

P1120447.jpg

そんな晋彦。二人ともとってもおりこうさん。すごーくおりこうさん。まったくおりこうさん。でした。

初対面のかときっち。夫妻(イケてるご主人とセレブ妖怪とのウワサ違わぬ)とごあいさつを交わし、おしゃべり中、airiさん特製のカレーが出来あがり、ランチの始まり。
トッピングも多種、生ハムとトマトが美味しいグリーンのサラダも美味でした。

P1120490.jpg

さてと、食事、と言えば。

物乞いキング空豆、参上。
って、おい、参上している場合じゃないぞ。さっさと退散しろ、状態でした、今日もやっぱり。うぅ。
そんな空豆をよそに、ランチ時の晋彦、そしてブランくんはパパママの足元でまったり。

P1120491.jpg P1120494.jpg

空豆、よーく見とけ。あれが正しい犬の姿だぞ。
他のみんなもテーブルに寄ることなくおりこうさんにしている。あぁ、うらやましい。
母はそんな空豆を必死で抑え、急いでカレーを食べた。急いで食べてもすんごく美味しかった。

食後、またまた近所に巣立った2代目ベイビーズのラテちゃん登場。
彼女はとっても遊び上手。
ベイビーズの戯れる姿はやっぱり可愛いわん。

P1120521.jpg P1120524.jpg

では総勢10匹のコッカプーわらわらの図をどうぞ。



≫ Read More

| 空豆 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬のおやくそく


りんご 


今年もやってもらいました。

りんご1 One
りんご2 Two
りんご3 Three
りんご4 Four
りんご5 Five


一昨年昨年も数え方が一緒なので今年は英語で数えてみました。
でも“6”からの英語がわからないので5個までになりました。
決して並べるのが面倒くさくなったワケではありません。


はい、ごくろうさま。今年もたくさんお食べ。


りんご6 (以上撮影 : トリミング前日 )





| 空豆 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱりバカです、空豆母。


どうしてこんなに、なんであんなに、


P1120355-.jpg


可愛いの。空豆ってば。


P1120344.jpg トリミングに

P1120361.jpg 行って

P1120348.jpg 来ました。


あまりの可愛さに母はこの後めまいを起こし倒れました。

そして、

そのまま倒れとけ、って声がどこからともなく聞こえてきたのでした・・・。






| 空豆 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

記念樹


TS3B0924.jpg


いつも空豆と行く散歩道に桜やどんぐりが生るカシとかブナとか (よく知らんが) の木とともに並んでいるもみじ。

その葉の色はそこまで赤くなるんかい?ってくらい赤く、そして形は赤ちゃんの手のように可愛い。

もみじっていいなぁ。もみじって好きだなぁ。

実はもみじにはちょっとした思い入れがある。


TS3B0926.jpg


以前実家の両親が、空豆母とその2人の兄各々の初めての子が生まれた記念に庭に樹木を植えていた。
その記念樹は、上の兄の第一子の時は木蓮、下の兄の第一子の時は娑羅の木、
そしてワタシの第一子、1号の時はもみじ、だった。

十数年前に両親も他界し、実家を手放すことにした時に
ワタシはそのもみじの葉を数枚持って帰り、電話帳にはさんで押して残しアルバムに貼った。

と、なんとなく久しぶりにもみじが1号の木であったことを思い出し、
ガラにもなくも秋の空を見上げて感慨にふける空豆母であったとさ。じゃんじゃん。


TS3B0923.jpg





| 空豆 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。