FC2ブログ

Always 空豆

いつも傍に空豆(コッカプー♂)がいる日々・・・

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

ひっつき虫


ひっつき虫の季節です。

今の季節、愛犬のお散歩後、こう呼ばれる植物を取り除くことに苦労をされている方々は多いのではないのでしょうか。

ご多分にもれず空豆も散歩中にたくさんひっつかれます。
先日たまに通る散歩道を歩いていたら、あれま、細かくて小さくて取るのにすんごく苦労するひっつき虫が道端に隙間なく並んでいる。
そしてそれらに気がつくのが遅かったワタシ。
気がつくと空豆のいたるところにたっくさんのひっつき虫が。

あぅーーーー。

うー、なんてこったい。
あまりの悔しさにワタシはこの植物を名指しで非難をしたくなった。
なので調べてみた。

「ひっつき虫」で検索するとちゃんと植物の種類がたくさんヒットします。はい。
ワタシはこの「ひっつき虫」という名は子供らの間でのみ流通しているものだと思っていたが
植物学的にも俗称として通用しているようだ。
そしてある文献によるとこれらの植物がなぜひっつくのかというと、
動物や人間にひっついて種子を散布してもらう、という「動物散布」という手段を取る植物だからなんだと。
へー。
そしてひっつきそびれた種子はその茎が腐敗した時に地面に散布されるのだそうだ。
へーへー。

そして今回被害に?あったその植物、名を「アレチヌスビトハギ」という。

アレチヌスビトハギ花 アレチヌスビトハギ2

盗人?なんでも花が盗人の忍び足の足跡に似ていることからつけられたらしい。
へーへーへー。

って、感心している場合ではない。
なんだよーてめーさんざんワタシに苦労かけやがってー許せーーーん。
よしっ、これで気が済んだ。
気が済んだついでにもう一つのひっつき虫紹介。
コレもこれからの季節に空豆によくひっつくヤツだ。

名は「アメリカセンダングサ」

アメリカサンダングサ amesen03--.jpg
(右画像はhttp://had0.big.ous.ac.jp/index.htmlより抜粋)

種子は平たく先端がとげとげで二つに割れている。
コイツもどうしてなかなか手ごわいヤツだ。

そしてこれらひっつき虫以外にもこの季節はワンコの毛に小さい落ち葉等もよく毛に絡まったりする。
その毛に絡んだ小さな枯葉も気をつけて取り除かなければ粉々になり
取り除くのがさらに困難になったりする。きーっ。

あ、また非難ごうごうしたくなってきた。

でも実のところ、


PAP0724.jpg 



アンポンタンにはひっつき虫がよく似合ったりするんだな、コレがまた。うふふ。



スポンサーサイト



| 空豆 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月